アコムの毎月返済額はどれくらい

総量規制対象外の消費者金融はある?

総量規制対象外の消費者金融はあるかということですが、これは言葉の意味からしてありえないというのが答えになります。
もともと、総量規制というのは、お金を借り過ぎ、それによって起きる返済不能や生活、家庭の崩壊を防ぐ目的で作られた規制です。一人の人が借りることのできるお金を、年収の三分の一までに規制するというルールになります。
しかし、この総量規制の対象となる金融機関は限定されており、貸金業者だけが対象です。つまり、銀行などはこの総量規制対象外なのです。銀行から住宅ローンで数千万円のお金を借りている人は実際にいくらでもいますが、もしこんな規制が銀行も対象ということになれば、その人の年収はその3倍は必要になってしまい、日本で持ち家を建てることができるような人はほぼ一掃されてしまうことになってしまいます。これは住宅ローンであるから総量規制対象外というわけではなく、銀行から借りるお金だから総量規制対象外ということになっているのです。
一方で、いわゆる消費者金融は全て貸金業者ですから、総量規制対象外になるようなことはありません。
ただし、一見して総量規制対象である消費者金融のように見えながら、実は総量規制対象外であるという金融機関は存在します。これは別に抜け道でも何でもなく、本来は消費者金融ではなく銀行であるにもかかわらず、いろいろなイメージや印象から消費者金融のように思われているというだけのことに過ぎません。